ソフト ピッチング 驚くほど上達するピッチング練習の秘密!

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトボール 変化球の投げ方|ウィンドミル投法

切れのある変化球も投げられる!
ライズ、ドロップ、チェンジアップが自由に投げられる

あきらめないでください
狙って三振が取れるピッチング上達方法があります。

>>確実に上達するソフトボールピッチング練習法とは


しかも年齢。体格。経験に関係なく
誰にでも投げられる練習方法があるのです。

多くの人が練習をしているのに悩むのが

・球速が上がらない
・変化球が上達しない

そして今のトレーニングやコーチの指導方法がいいのだろうか?

悩みはつきません

・コントロールがない。
・変化球の握り方は?

コーチの方の悩みは子供への指導方法ですよね。

野球の経験はあるが、ソフトボールの経験はない・・・・。

子供への上達方法が分からない。

ピッチング動作がが分からない。

このような悩みや疑問を解消する方法があったのです。

ソフトボールで実績あるかたのDVDなので、ぐんぐん上達しました。

⇒全国優勝経験のある名監督が教える
確実に上達するソフトボール・ピッチング練習とは!?

スポンサーサイト

ソフトボール ウィンドミル投げ方

ソフトボールのピッチングでウィンドミル投法をつかいストレートを投げると
やはり力が非常に入るるので1球で、1球力が入り、アウトを取ることが難しくなる。
また打たせて取る時は打たせるたせて取る。
三振を取るべきは三振を取るというふうにピッチングを分けているそうです。



忘れられない勝負といえばアテネオリンピックの初戦。
オーストラリア戦で撃たれたホームランだそうです。
あの時の上野由岐子選手のピッチングは、悪くはなかった。
ただコースも甘くはなかったいうことです。



あのピッチングであのストレートは、決して悪くはないコースだったかもしれないけれども、
気持ちが弱かった部分ホームランを打たれような気がすると、
上野由岐子選手は今でも後悔をしてる。
ピッチングに関しても、指先への伝わり方も気持ちによって違うことが多いとのこと。

ウィンドミル投法で投げるチンでも気持ちが大切で、
ちょっとした気持ちの違いがストレートに影響する。


ソフトボールのウィンドミル投法でピッチングを変えましょう。


⇒オリンピックメダリスト「増淵まり子」が教える
確実に上達するソフトボール・ピッチング練習とは!?

ソフトボール ピッチング フォーム

ソフトボールのピッチングフォーム練習について今日は上達する投げ方を紹介します。 ソフトボールのピッチングでは、ウィンドミル投法が、有名ですし、 多くのソフトボールのピッチャーがこの投げ方をしています。 では。どうやったら、ピッチングが調達するのでしょうか。 北京オリンピックで、金メダルを取った上野由岐子選手は、 どのような練習をして上達したのでしょうか。 上野由岐子選手のピッチング練習の内容を見てみましょう。 1日のピッチング練習内容は、まず体のアップそれからキャッチボール。 ピッチングという流れでトレーニングをしています。 1日約70~100球くらいの投げ込みをしています。 変化球はどれくらいなんでるのかというと、 その日のトレーニングにより違うそうです。 球種の配分もその日の感覚によって違うらしい。 ソフトボールのピッチングを強化するため、 練習はシーズンオフ の投げ込みはシーズン中とは違うとのこと。 ⇒誰でも上達するウィンドミル投法はこちら

ソフトボール ウインドミル 練習方法

ソフトボールウィンドミル投法のピッチング上達方法を紹介します。 「ソフトボールのピッチャーは自分を信じる強い人ではないとだめだ」と言われますが、 北京オリンピックで金メダルを取った上野選手は気が強い性格ではありません。 しかし自分自身をしっかり守る強さがあります。 ソフトボールのピッチングを上達させるためには、確かに、気の強い部分が必要かもしれませんが、 あの上野由岐子選手でさえ、気が強い方ではないということ。 威力のあるストレートを投げるのは、やはりコントロールを意識し、 正しいピッチング技術を学ぶことだといえると思います。 上野由岐子選手でさえスランプがあるということです。 かつてない試合ホームランを打たれた時、何が悪いの悪いのだろうか。 そのことを考えスランプに落ちることだことがあります。 ⇒誰でも上達するウィンドミル投法はこちら

ソフトボールウィンドミル投法の変化球

ソフトボールウィンドミル投法の変化球とピッチング上達方法を紹介します。
「ソフトボールのピッチャーは自分を信じる強い人ではないとだめだ」と言われますが、
北京オリンピックで金メダルを取った上野選手は気が強い性格ではありません。
しかし自分自身をしっかり守る強さがあります。

ソフトボールの変化球、ピッチングを上達させるためには、確かに、技術や気の強い部分が必要かもしれませんが、
あの上野由岐子選手でさえ、気が強い方ではないということ。
威力のあるストレートを投げるのは、やはりコントロールを意識し、
正しいピッチング技術を学ぶことだといえると思います。

上野由岐子選手でさえスランプがあるということです。
かつてない試合ホームランを打たれた時、何が悪いの悪いのだろうか。
そのことを考えスランプに落ちることだことがあります。

ですが、その時に次にどんなピッチングを使用どのようなウィンドミルで、
ストレートを投げるか変化球を投げるか、コントロールをつけるかを考えながら、
スランプを出ししているそうです。
もちろん、試合を重ねながら、そこから次の点を考えるということです。

ピッチングをする時のリラックス方法ということですが、
普段はあまり気にしていないそうです。投げていて楽しいということ。
連投が続き、大丈夫かと聞かれるそうですが、
上野由岐子選手は、試合で投げたいピッチングが大好きだということなので、
まったく気ににならないということなのです。

そんな上野由岐子選手にも高校2年生の時に骨折し、
怪我をしていた時期があります。体育の授業中に何と腰の骨を折ってしまった・・・・
病院のベッドに固定されたまま、体が動かない日々あり、
もうソフトボールができないのではないかと不安になったということ。
体を起こそうとしただけで気分が悪くなるような体調になったりしたそうですが、
退院後、ソフトボールの試合したいということで一生懸命リハビリした。
最初の頃は下半身も非常に弱くなっていて、歩くのも大変だったそうです。

初心者でも、やっぱりソフトボールのピッチングは上野選手のよう投げ方をしたいですよね。


⇒オリンピックメダリスト「増淵まり子」が教える
確実に上達するソフトボール・
ピッチング練習とは!?





格安航空券はもう買わない!
驚きの無料航空券入手法


大手通販で検索ができます。商品名を記入して検索ボタンを押してください。


         

SEO対策済みテンプレート

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。